めっき工場

モノづくりの幅広いニーズに応えて

モノづくり産業が飽くなき品質向上に挑む中で表面処理加工も日々進歩しています。自動車・建機分野の硬質クロムめっき、精密機械分野の無電解ニッケルめっき・無電解ニッケル・テフロン共析めっき、など多様化、特殊化し、一方で低コストという課題に直面しています。こうしたニーズに対応するためには、従来の枠を越えた創造力、対応力が不可欠となるでしょう。私たちが設備の自動化に努めているのも、まさにお客様ニーズへの柔軟な対応が主旨であり、専門会社ならではのサービスを提供していきます。

安定した質の高い仕事

モノづくりの精度が高まるとともに表面処理加工へのお客様の目も厳しくなっています。そんな中で私たちの仕事はお客様から認められるところとなり、工場見学も含めて新規のお客様からのご相談をいただいております。コスト、納期などご要望が難しくとも、基本は品質。そんな姿勢が評価されたことに私たちは自信を深め、品質管理に一層の努力を注いでいきます。

私たちはお客様ニーズに敏感なアンテナを持ち、設備導入についてもいち早く対応しています。たとえば、精密部品の寸法精度については高度な要求があります。これに対応して私たちは、独自の「無電解ニッケルめっき」ラインを開発。ニッケルめっきが均一に付くことにより、好評価を得ています

大きさに合わせた8つのめっき自動ラインで

現在、私たちは8つのめっきラインで、形状、数量等お客様の注文に合わせた適切な状況でめっき処理を行っています。ロッド、シャフトのクロムめっきについては、3mまで縦吊りでめっき処理する自動機により安定しためっき処理をお約束いたします。