硬質クロムメッキと装飾クロムメッキの違い

硬質クロムメッキは、直接素材にクロムメッキの被膜を生成する処理になります。

機械部品の摺動部や可動部の部品に多く採用されています。

装飾クロムメッキ(ニッケルクロムメッキ)は、素材下地に銅-ニッケル又は2層ニッケルを付けた後に極薄いクロムめっき(0.1μ程度)を処理します。

パイプ椅子や光沢を活かした装飾品等に使用されています。

硬質クロムメッキは、耐摩耗を目的として使用することが多く一定の膜厚を多く付けたり、一部分のみに処理をするために、準備時間がかったり、処理のノウハウが必要となるのでコストは高価な処理になります。

硬質クロムめっきと装飾クロムめっきは使用目的等により適切に選定する事が必要であり、全く種類の違うめっき処理とお考えください。