硬質クロムメッキの錆(サビ)

硬質クロムメッキに錆(サビ)が発生する要因のとして、クロムめっき被膜に発生するクラック(割れ)に起因することが多くあります。

クラックについては仕上げの磨き等で封鎖しますが、

溶解物質(塩化物、フッ化物など:ハロゲン化物)の付着によりクロム溶解が発生しクラックが出現、

素材まで達したクラックより素材まで水分が侵入、

クロム被膜と素材間に電位差が起こり、素材が解けめっきの膨れが発生、

作動等の外的要因により膨れが脱落してめっき剥離現象(錆)が発生します。

現在は耐食性向上のためマイクロクラック浴による硬質クロムめっきが多く利用されています。