エメリーバフ(鉄バフ、砂バフ)

同心円状にミシン掛けした腰の強い綿バフであり、ニカワなどの接着剤を用いて、エメリー等の砥粒を外周面に固着させて使用します。各職人が用途に合わせて、粒度、幅、外径などを変えて製作されており、一般には市販されていないものであり、 職人によっては新品の方が使いにくく、使えば使うほどそれぞれの職人に合った仕様になります。研磨目的に合わせたエメリーバフを製作するためには、バフとバフ研磨剤の選定に関わる複雑な要因を適切に組み合わせる長年の経験や技術ノウハウが必要になります。素地調整に必要な表面の平滑化の効率が非常に良い特性があります。