バフ研磨剤の効果について

バフ研磨材の種類は大まかに2種類に分類され、切削性のある研磨剤と、光沢、鏡面を目的に使用する研磨剤があります。研磨剤は固形から液体まで数多くあり、バフ磨きの際には、研磨剤粒度を順番に細かくして使用します。バフの研磨剤には、砥粒と油脂から構成されており、砥粒には、アルミナやけい石、酸化クロムが含まれております。油脂分の効果として、砥粒の飛散を防止させ、砥粒を表面に付着させ、潤滑作用や焼け防止作用があります。綿バフ用、サイザル用、エメリーバフ用のそれぞれの効果に伴い、目的に合った研磨剤の選定が仕上げに影響を与えます。