バフ研磨加工の原理とメカニズム

バフ研磨加工を定義すると「布、フェルトで構成された回転円板(バフホイール)の外周面に砥粒をニカワや接着剤で固着させた研削を目的とした物と麻や綿素材に研磨剤を塗布し磨きを目的とした物に大別される、そのバフホイールを高速回転させながら外周面に工作物を押し付けて磨きを行う加工法」と説明されます。バフ研磨加工の研磨メカニズムは、①砥粒による微小切削作用⇒②バフの高速回転(摩擦)に伴う加工温度の上昇⇒③加工物表面層の塑性流動の機械的作用と研磨剤と加工物との化学的作用⇒④光沢研磨仕上げになるという流れです。この作用により、各種材質の研磨面の平滑化、光沢仕上げを行う方法として非常に効率的です。メッキや塗装の前後工程に用いられ、耐食性や摺動性等の機能を付与する目的にも使用されます。

現在バフを目的に使用されているものについては、砥粒を固めたリングバフ、ペーパーを重ねたホイールバフ、砥粒を接着剤で固めたホイールバフ、綿や麻素材のバフ等いろいろな製品があります。